テック•ウォッチ及び開発プロジェクト

企業にとってのポイントは、 技術トレンドを踏まえ、商業利益をいかに見込んで いくかである。
Netlab は、 クライエントの要望に基づくテーマで「テックウォッチ」 スタディーを提供する。
予算コストは 10.000 から 20.000€である。所要期間は場合によっては2年以上要することもあり、
更に大学機関との共同作業でのプロトタイプ開 発を要することもある。
自動車素材点検用エア•カプル•ウルトラソニック・センサーのプロトタイプ開発
フラウンホーファー( IZFP)及び INOSON との共同でイン・ライン破損点検のための開発が進め
られた。 通常水又ジェル•カプリングはエア•カプリングに代用されうる。オンライン•コンベア•
エアロック内の上昇空気圧は点検作業を改善する。

ultrasound
ウルトラソニック・エアカプリング•バッ クスキャタリングの原理。(グラフィッ ク IZFP 提供)

izfp_exp_setup

IZFP での圧搾室内10バーまでの空圧にお けるウルトラソニックトランスデューサー実 験。(写真 IZFP 提供)

ヨーロッパにおけるシェール( 頁岩) ・ガスへのチャンス:2011年発行の国際エネルギー( IEA)
誌によれば、現在知られている天然ガス埋蔵量 177 Tm3 に対しシェールガスは200から456Tm3
と推定されている。 ヨーロッパに関しては約 72Tm3。

eu_shale_gas

Netlab はシェールガス採掘の環境規定合致について調査を行った。 ガスは豊富に存しても経済的に見合う 状態で採掘されるか、更に環境汚染など問題点が多い。アメリカでは自国の各社によりシェールガス技術 は世界のパイオニアとして研究開発されているが、ヨーロッパはアメリカと異なる地質的状況により採掘 実験は予想に反した結果となっている。 更に特定国では政治的反対派による圧力が強い(The Economist 2013 からの図を参照)。 シェール組成を破壊するためには、高圧の元で塩水ベースのケミカル混合物を注入 する方法が通常使われる。塩水が帯水層に入り込んだ場合に、環境ダメージが起こりうる。従って、他の 手段として Netlab 開発の方法即ち CO2 を使用する方法がある。

Netlab はスマートシティーのための選択基準を調査した。 世界保険機関(WHO)によれば、2014年の 都市人口は全人口の54%で、1960年の34%を大きく上回り、今後更に上昇の見込みである。都市 人口成長 は開発国で顕著であり、2017年には大多数が都市区域に住むことを望むことが予想される。古代都市に於いてさえ居住面積及びエネルギー消費には制限があり、都市の拡大成長を抑制した。下の D.Bollier(1998)のグラフが示すように、今日でも同様である。

 

smart_cities

世界のスマートシティーのランキングでは次の基準が使われる:スマート経済、スマート政府、スマート•ラ イフスタイル、スマート•ピープル、スマート環境、スマート•モビリティーなど。しかしこれら基準は各研 究調査チームにより異なった解釈がなされるため、ランキング結果は公平ではない。

合成メタン及び合成燃料の製造に要する再生可能エネルギーはプログラミング不能である。 Netlabは電気 分解により水素を作る電気を起こすための風力及び太陽エネルギーを使った種々の方法を研究調査してい る。 このように作られた水素はビオガス発酵からCO2をビオメタンCH4に変更するために使われ、又は他の可能性、つまりCO2及びH2は合成ガスを作るために使われる。合成ガスからから作られるアルケネスはガ ソリンやディーゼル又油脂などの元となる。

socal_diagram_modified

SoCal Gas 社による水素化学技術の製造過程図( 2016)。 Netlab により修正。